かもめもかも

かもめのつぶやきメモ

『おばけと友だちになる方法』

 

あの岸本佐知子さんが絵本の翻訳を手がけられたという。
『エリック』みたいな例もあるから、
それだけならまあ、そうおどろくこともないのだろう。
でもなんだか、妙に可愛らしい絵柄なのだ。

繰り返すのもなんではあるが
あの岸本佐知子さんの翻訳本なのだから、
きっと可愛らしいだけではないに違いない。

そう思って読んでみた。

ちなみに裏表紙には

世界傑作絵本シリーズ・カナダの絵本
読んであげるなら 4才から
自分で読むなら  小学校初級から

と書いてある。

まあ、自分で読むのだから、対象年齢であることは間違いない。

おばけのことをこわいと思ったことのある人だったら
おばけと友だちになるなんて、考えただけでぞっとするでしょうね。


と言われて(まあ確かにね。)と思う。

でもね。じつはおばけって、とってもかわいらしい生き物で、
人間と同じように友だちをほしがっているんです。


と打ち明けられればちょっと心がゆらぐ。

そんなわけでまず最初に
「ほんもののおばけのみわけかた」のレクチャーをうける。

続く第一部は「おばけの基本」
あいさつのしかたや家へのまねきかた

第二部は「おばけのせわ」
おばけのすきなたべものや特製レシピも。
もっと詳しく知りたい人のために参考文献まで紹介している。
ほかにも遊び方や寝床のつくりかた、
きけんのさけかたまでしっかりと。

第三部は「ずっといっしょに」
引っ越しの時の注意事項や
あなたが大人になったときの対処法など

いたれりつくせりのトリセツは
めちゃくちゃかわいいだけでなく
ツッコミどころも満載の楽しい絵本。

小さい人は小さい人なりに
大きくなりすぎた人も大きい人なりに
きっとたのしめるはずの1冊。
お薦めです。