かもめもかも

かもめのつぶやきメモ

『グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実』

 

著者のアン・スウェイトはイギリスの著名な伝記作家で、東京女子大学で教鞭をとったこともあるのだそう。
中でも「A.A. Milne: His Life」(未邦訳)は、ウィットブレッド文学賞の伝記部門年間最優秀賞を受賞した作品なのだという。
膨大な資料に当たって書かれたこの伝記は、「あまりに詳しすぎる」と評されるほどの情報量で、本を書くために集めた資料だけでもう一冊、資料集も出版されたほど。
ちなみにこの資料集は『クマのプーさんスクラップブック』というタイトルで筑摩書房から2000年に邦訳出版されている。

本書は2017年、監督サイモン・カーティスで撮影された伝記映画「Goodbye Christopher Robin」の原作本という形で、「A.A. Milne: His Life」からプー関連の章だけを抜き出して再構成し刊行された書籍を底本とした翻訳本で、翻訳を担当したのはいずれも著者の教え子だという二人の翻訳家だ。


タイトルからして明るい話ではなさそうではあったし、コナン・ドイルとホームズのように、作家が本来書きたかったものとは違った作品で有名になって悩むとか、人気子役がそのイメージを払拭できずに大人になって苦労する話などをイメージしつつ読み進めたのだが、思っていたよりずっとあっさりと、さわやかですらある読み心地に驚いた。


もちろん、作中の少年と同じ名前を持ち、愛らしい挿絵と挿絵にそっくりな写真が共に知られていて、父親の書いた詩を自らの幼い歌声でレコーディングまでしてしまったミルンの愛息クリストファー・ロビンの足跡と、長じてからの苦労や苦悩には多くのページが費やされている。

また、ミルン自身はプーに出会う前に既に劇作家として成功していてかなり裕福だったことや、様々な作品を手がけたが、なんといっても人気を博し後世に残った作品はやはりプーであったことも。


同時に、ケネス・グレアムの『たのしい川べ』やサキの『クローヴィス物語』をはじめ、同時代作家やその作品のことや、劇作家ならではの俳優たちへの言及も多く、挿絵画家E・H・シェパードと出版社の間には印税の契約がなかったなどというびっくりするような話もあって、20世紀前半の英米文化史としても楽しむことができた。

2023年1月の読書

1月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:4545
ナイス数:359

脂肪の塊/ロンドリ姉妹~モーパッサン傑作選~ (光文社古典新訳文庫)脂肪の塊/ロンドリ姉妹~モーパッサン傑作選~ (光文社古典新訳文庫)感想
光文社古典新訳のこの本は、モーパッサンの多面的な文業やその魅力を紹介することをめざして編んだという中・短篇アンソロジー(全三巻)の第一弾。このシリーズは各巻に中編の秀作を最低二篇おさめ、他社の文庫で現在容易に読むことの出来る作品はなるべく除外するという方針で編まれているのだという。本書収録作品は「聖水係の男」「冷たいココはいかが!」「脂肪の塊(ブール・ド・スュイフ)」「マドモアゼル・フィフィ」「ローズ」「雨傘」「散歩」「ロンドリ姉妹」「痙攣(チック)」「持参金」の十篇。この短編集ならではの味わいも。
読了日:01月30日 著者:モーパッサン
疑惑の入会者 ロンドン謎解き結婚相談所 (創元推理文庫)疑惑の入会者 ロンドン謎解き結婚相談所 (創元推理文庫)感想
ロンドン結婚相談所シリーズ第3弾!シリーズも3作目ともなれば、顔なじみやご贔屓の登場人物たちも増えてきて、あの人この人の活躍も楽しみ。今回もたっぷりと楽しませてもらったし、次作も必ず買って読むと決めてがいるが、ベインブリッジ卿の悪役ぶりがあまりにはまっていたせいか、他の誰も彼もがいい人に見えすぎて、反社会的勢力がかっこよく持ち上げられすぎているのはちょっと気になるところ。もっともそんなことを言っていたら、大抵の犯罪小説は読めないかもしれないが。
読了日:01月27日 著者:アリスン・モントクレア
たけこのぞうたけこのぞう感想
3冊目の短編集『陽だまりの果て』で、第50回泉鏡花文学賞を受賞した大濱普美子さんのデビュー短編集。ある意味すごく写実的なのに、その一方でとても幻想的で、全くありえなにのに、すんなりと受け入れられる。どことなく懐かしく、とても切なくて、時折背中に寒気を感じ、一見どこにでもあるありふれた場所のようでありながら、二度とたどり着けないような不思議な世界に迷い込む。出し惜しみするわけではないが、どんな話だったかとあれこれ説明する気にはなれない。ただただこの世界に浸っていたいとしか。たとえ、溺れてしまっても……。
読了日:01月25日 著者:大濱 普美子
絶縁絶縁感想
アジア9都市9名の若い世代の作家が、「絶縁」をテーマに書いた短編小説を収録した日韓同時刊行のアンソロジー。 収録作品の多くは書きおろし作品で、訳者解説も充実した読み応えたっぷりの1冊。タイトルからして楽しい話が詰まっているはずはなかったが、“絶縁と接続を繰り返しながら”明るくなったりどす黒くなったり、思わず自分の足元の色を確認したくなってしまう読み応えたっぷりのアンソロジーだった。
読了日:01月23日 著者:村田沙耶香,アルフィアン・サアット,ハオ・ジンファン,ウィワット・ルートウィワットウォンサー,韓麗珠,ラシャムジャ,グエン・ゴック・トゥ,連明偉,チョン・セラン
思い出のスケッチブック:『クマのプーさん』挿絵画家が描くヴィクトリア朝ロンドン思い出のスケッチブック:『クマのプーさん』挿絵画家が描くヴィクトリア朝ロンドン感想
プーさんの挿絵画家として知られるE.H.シェパードが、自らの幼年時代をたっぷりのイラスト共に描いた自伝エッセイ。ページをめくるだけで思わず頬がゆるみ幸せな気分になれる1冊。
読了日:01月20日 著者:E・H・シェパード
優しい地獄優しい地獄感想
1984年、社会主義政権下のルーマニアに生まれ、混乱したポスト社会主義の中で少女時代を過ごした著者が、日本語で執筆したエッセイ集。せつなくて、痛々しくて、懐かしくて、美しくて、まるで血を流しているかのように生々しくて、どうしてこんなにせまってくるのだろうと思っていたら、「オートエスノグラフィー」という言葉に出会う。おそらく著者は自身の経験を詳細に書き起こすことで、自分自身をも研究対象にしているのだろう。そうして読者である私もまた、著者の記憶の中に入り込んで、私の目でその記憶を見つめ直す。
読了日:01月18日 著者:イリナ・グリゴレ
セルリアンブルー 海が見える家 下 (マグノリアブックス MB 46)セルリアンブルー 海が見える家 下 (マグノリアブックス MB 46)感想
「誰にだって安心して過ごすことができる場所が必要なんだ」という強いメッセージとともに、シリアスな中にも笑いがいっぱい、面白くて、愛おしくて、強くてやさしい、繰り返し楽しみたい極上のファンタジー
読了日:01月16日 著者:T.J.クルーン
セルリアンブルー 海が見える家 上 (マグノリアブックス MB 45)セルリアンブルー 海が見える家 上 (マグノリアブックス MB 45)感想
タイトルや装丁から、人生に疲れた大人が癒やされるような、ファンタジーだと思いこんでいたから、主人公のライナスが40歳の男性だと知っても、さほど驚きはしなかった。上巻前半はところどころにファンタジーネタを仕込みながらも、なかなか味わいと読み応えのあるお仕事小説といった雰囲気だったが、ライナスが島に着いた途端に、一気にファンタジー熱が上昇し、もう息が苦しくなるぐらい。まずいよこれ、面白すぎる!!頁をめくる手が止められずに、このまま下巻へとひた走る!!
読了日:01月13日 著者:T.J.クルーン
消えたソンタクホテルの支配人 (YA! STAND UP)消えたソンタクホテルの支配人 (YA! STAND UP)感想
書評サイト本が好き!を通じてのいただきもの。1910年の韓国併合によって日本の植民地支配がはじまる3年前、1907年に実際に起きたある事件を元に創作された韓国のYA小説。歴史的建造物がならぶ貞洞通り(チョンドンギル) を舞台とし、歴史に名を残すそうそうたる面々を相手どって、10代半ばの若者たちが活躍する探偵物語は、筋運びに少々荒さはあるもののスリルたっぷり。次にソウルに行く際には、必ずチョンドンギルに行ってみなければとガイドブックに印をつけた。
読了日:01月11日 著者:チョン ミョンソプ
パラディーソパラディーソ感想
一月半掛けて最後まで頁をめくったが、読み終えたという気はまったくしない。でも、それでいいのかなという気もしている。時折、思い出したように手に取って、偶然開いた頁を読みふける。そんな読み方でも楽しめる本だから。
読了日:01月09日 著者:ホセ・レサマ=リマ
チャタレー夫人の恋人 (光文社古典新訳文庫)チャタレー夫人の恋人 (光文社古典新訳文庫)感想
これはやっぱり大人の読み物!?、初読みではあるものの、いろいろな意味でなかなかやりなおし甲斐のある作品だった。 #やりなおし世界文学 
読了日:01月05日 著者:D・H・ロレンス
後宮の検屍女官4 (角川文庫)後宮の検屍女官4 (角川文庫)感想
検屍がテーマなのだから、死体がなかれば始まらないとわかってはいるが、この後宮、本当によく人が死ぬ。しかも今度は大物中の大物が!?今度こそ平穏な日々が…いうわけには、もちろんいかないよね、と次作を待つ。
読了日:01月04日 著者:小野はるか
パラダイス・ロスト ジョーカー・ゲーム (角川文庫)パラダイス・ロスト ジョーカー・ゲーム (角川文庫)感想
シリーズ3冊目。相変わらず面白いが、風呂敷が広くなった分、薄味になってきた気がしないでも。
読了日:01月04日 著者:柳 広司

読書メーター

『脂肪の塊/ロンドリ姉妹~モーパッサン傑作選』

 

光文社古典新訳のこの本は、モーパッサンの多面的な文業やその魅力を紹介することをめざして編んだという中・短篇アンソロジー(全三巻)の第一弾。
このシリーズは各巻に中編の秀作を最低二篇おさめ、他社の文庫で現在容易に読むことの出来る作品はなるべく除外するという方針で編まれているのだという。
本書収録作品は「聖水係の男」「冷たいココはいかが!」「脂肪の塊(ブール・ド・スュイフ)」「マドモアゼル・フィフィ」「ローズ」「雨傘」「散歩」「ロンドリ姉妹」「痙攣(チック)」「持参金」の十篇。

「ローズ」や「持参金」のようにオチのある小咄的なものから、“エドガー・ポーの小説に出てくるようなやせて青白い顔をした父娘が体験した話…という「痙攣」のようなホラーもあり、 「脂肪の塊(ブール・ド・スュイフ)」や「マドモアゼル・フィフィ」のように戦争や愛国心を絡めて人々の胸の内を鮮やかに描き出すような作品も。
この一冊でいろいろな味が味わえる、興味深い作品集だといえるだろう。

本書の目玉はやはり「脂肪の塊」。

ご存じブール・ド・スュイフは、ヒロインの娼婦エリザベート・ルーセの愛称だ。
訳者解説によれば「脂肪のボール」ぐらいの意味で、いくらなんでも「塊」ではイメージが悪かろうとおもわれるものの、既にこのタイトルで代表作として定着していることもあって、そもまま使用しかっこ書きをつけたということ。

肉感的なみずみずしい容姿の色っぽいこの女性は、妻を連れた貴族や工場主や商人、ふたりの修道女と活動家の男とともに乗合馬車に乗り込む。
一行はプロイセン軍が占領するルーアンを抜け出して、ディエップに向かおうというのだった。

ところが途中立ち寄った宿で一行はプロイセン軍から足止めくらう。
その理由が、ブール・ド・スュイフが彼女と寝たいプロイセン士官の望みを、頑として受け付けなかったからだと知った同行者たちは、あの手この手で彼女を説得するのだが……。

乗合馬車に乗り込んだ面々が当時の社会の縮図であるように、人の心の浅ましさもまた赤裸々でブール・ド・スュイフに同情を禁じ得ない。


続けて収録されている「マドモアゼル・フィフィ」と併せて読むとまた違った味わいも。
この「マドモアゼル・フィフィ」は女性ではなくプロイセン軍の士官のあだ名だ。
この「マドモアゼル」、華奢な見かけとは裏腹に、既に占領している屋敷やその収蔵品を次々と破壊して憂さ晴らしをする暴力的な人物なのだ。
退屈したプロイセン軍の兵士たちは、フランス人の娼婦たちを呼び寄せて宴会を開くが、そのさなか「マドモアゼル」に手荒い扱いを受けた娼婦の一人が彼の喉元にナイフを突きつける。

「脂肪の塊」と比較したとき、その後の展開がなおさら興味深い気が。

作品の背景にあるのは作家自身も従軍した普仏戦争

プロイセン軍への嫌悪を露わにしていることはもちろんだが、娼婦をはじめ社会的身分が低いとされる人たちの自尊心や愛国心、自己犠牲の精神を描くことで、地位や名声をもつ富裕層の身勝手な小物ぶりをより鮮やかに描き出すのだった。

『疑惑の入会者: ロンドン謎解き結婚相談所』

 

元腕利き英国諜報部員で頭脳明晰なアイリスと、鋭い観察眼と貴族の人脈を持つ最愛の夫を戦争で亡くしたグウェン。
まだまだ戦争の爪痕が色濃く残るロンドンで、一見するとあらゆる面で対照的に見える二人が共同でたちあげたのは結婚相談所。

シリーズ1作目で殺人事件に遭遇するも、2作目ではなんとエリザベス王女から、恋のお相手フィリップ王子の身辺調査を依頼され、法外な報酬をいただいて、事業の方はオフィスも拡張、従業員も雇い入れるという堅調(!?)ぶり。

ある日、相談所にアフリカ出身の入会希望者が現れる。
この男性、流暢な英語を話す好青年だったが、これまで当たり前のように対象者はイギリス出身の白人と決めかかっていた二人は、自分たちの見識を試されることに。

グウェンの直感はこの青年ダイーレイの言葉が嘘だらけだと告げていたが、そこに偏見は含まれていないか問われると確信がゆらいだ。だがしかし、自宅付近で彼に出くわし、つけられていると感じたグウェンは、ダイーレイには結婚相手をさがす以外の目的があるのではないかと考えはじめる。

そんなとき、アフリカからグウェンの亡夫の父であるベインブリッジ卿が帰国。
このベインブリッジのご当主は、家庭内で専制と横暴を極める暴君であるだけでなく、ベインブリッジ・リミテドの大株主兼取締役で、かつて夫の死に打ちひしがれていたグウェンから息子ロニーの監護権を取り上げた張本人であるだけでなく、グウェンが相続したはずの会社の株式まで、自身の管理下に置いてしまっているのだった。

そんな彼の帰国が、波紋を呼ばないはずもなく……。

と思ったら、いきなりまたまた死体が一つ。
そしてまた、誘拐事件も!?

ロンドン結婚相談所シリーズ第3弾!
シリーズも3作目ともなれば、顔なじみやご贔屓の登場人物たちも増えてきて、あの人この人の活躍も楽しみ。
今回もたっぷりと楽しませてもらったし、次作も必ず買って読むと決めてがいるが、ベインブリッジ卿の悪役ぶりがあまりにはまっていたせいか、他の誰も彼もがいい人に見えすぎて、反社会的勢力がかっこよく持ち上げられすぎているのはちょっと気になるところ。

もっともそんなことを言っていたら、大抵の犯罪小説は読めないかもしれないが。

 

 

 

『たけこのぞう』

たけこのぞう

3冊目の短編集『陽だまりの果て』で、第50回泉鏡花文学賞を受賞した大濱普美子さんのデビュー短編集。

『陽だまりの果て』をKindleサンプルで試し読みしたところ、とても良い感じだったので、どうせなら初期の作品から追ってみようと読んでみた。
……といいたいところなのだけれど、この美しい文章は、ぜひとも紙本でじっくり味わいたいと思ったものの出遅れて、取り寄せ注文はしたものの、丁度数日前に書評家の豊崎さんが絶賛した記事が出回ったこともあってか、既に版元品切れで重版待ちとのこと。
しかたなしに、とりあえずこちらから…と、図書館で見つけた2013年に出たこの本を手に取ってみたのだった。

結果、大当たりだった。
めちゃめちゃ正解だった。

玄関を入るとすぐ目の前にある急な階段
畳3畳分の納戸を作りかえた小さな書斎
銭湯の番台や日当たりの良い縁側

丁寧に描かれた物語の舞台がページをめくるたびに目の前に鮮やかに浮かび上がる。

引き込まれるように読み続けると、いつの間にか自分がその場所に立っているような気になってくる。
今まさにトントンと音を立てて階段を上って、この扉を開けた先に……。


ある意味すごく写実的なのに、その一方でとても幻想的で、全くありえなにのに、すんなりと受け入れられる。

どことなく懐かしく、とても切なくて、時折背中に寒気を感じ、一見どこにでもあるありふれた場所のようでありながら、二度とたどり着けないような不思議な世界に迷い込む。

出し惜しみするわけではないが、どんな話だったかとあれこれ説明する気にはなれない。ただただこの世界に浸っていたいとしか。
たとえ、溺れてしまっても……。

とにかくすごい短編集だった。
この先ずっと追いかけたいと思える作家に出会ったとだけ。


<収録作品>
猫の木のある庭
フラオ・ローゼンバウムの靴
盂蘭盆
浴室稀譚
水面
たけこのぞう

 

 

『絶縁』

 

アジア9都市9名の若い世代の作家が、「絶縁」をテーマに書いた短編小説を収録した日韓同時刊行のアンソロジー
収録作品の多くは書きおろし作品で、訳者解説も充実した読み応えたっぷりの1冊だ。

娘が将来『無』になりたいって言ってて、困ってるんです
こんな書き出しで始まる巻頭作は、村田沙耶香「無」
若者を中心に流行する「無」。
スマホを手放し、家族や社会のしがらみを断ち切って「無街」暮らす人々。
けれどもその「無街」にもまた、別のしがらみがあるようで…。
これを読んだらあなたも思わず、東京タワーを見上げてしまうにちがいない。

シンガポールのマレー系作家アルフィアン・サアットが描くのは、「妻」(藤井光訳)。
マレー人の妻の視点から語られる物語は、家族が増える話ではあるがその“絶縁”ぶりは、読んでいて胸が苦しくなるほど。

大好きな郝景芳の「ポジティブレンガ」大久保洋子訳)
ポジティブシティでは、その人の感情によって建物が色を変える。
常にポジティブに、常に明るい色でなければ……。
さすがは郝景芳、忘れがたい一作だ。

タイから参加するのは、ウィワット・ルートウィワットウォンサー「燃える」(福冨渉訳)
激化する民主化運動とその傍らで希望と絶望、接続と絶縁を繰り返しながら、生きる人々の物語は何とも不思議な読み心地。

香港の作家、韓麗珠の「秘密警察」(及川茜訳)は、これまた二読、三読と、じっくり読みたい作品だ。

そしてまたこの本のために久々に筆をとったというチベットの作家ラシャムジャの「穴の中には雪蓮花が咲いている」星泉訳)の素晴らしいことといったら!

ベトナムからはグエン・ゴック・トゥの「逃避」(野平宗弘訳)
家族の「縁」から逃れることを望んできた母親の、死を目前にした回想がしんどい。
この作品は書き下ろしでなかったからだろうか、あとがきにかえてと断り書きのある作者による「縁の借り」というエッセイが添えられていて、こちらもしみじみとした読み応え。

台湾の作家連明偉のシェリスおばさんのアフタヌーンティー(及川茜訳)は、意表をついてセントルシアを舞台にした、少年たちの物語。
そういえばセントルシア、近々予定されている選挙で台湾との国交の是非も争点の一つと報道されていたっけ。

トリを務めるのは韓国の作家チョン・セランの「絶縁」(吉川凪訳)
6人の放送作家に手を出したセクハラ男に下されるべき処罰をめぐって、その男と直接関係を持たない女性が思い巡らすあれこれ。
やっぱりチョン・セラン、人が心の中に抱くモヤモヤした気持ちを表現するのがすごく上手い。
決して気持ちのいい話ではないのに、読み終えた後、なんだか心が軽くなった。

タイトルからして楽しい話が詰まっているはずはなかったが、どの作品も読み応えたっぷりで、“絶縁と接続を繰り返しながら”明るくなったりどす黒くなったり、思わず自分の足元の色を確認したくなってしまうアンソロジーだった。

『思い出のスケッチブック』

 

もしもプーさんにあの挿絵がなかったなら……。
なんだかちょっと想像できない。
だってほら、もしも
A.A.ミルンの『クマのプーさん』を読んだことがなかったとしても、
E.H.シェパードの描いたプーさんを見たことがない人はいないのではなかろうか。

本書はそんなプーさんの挿絵画家として知られるE.H.シェパードが
自らの幼年時代をたっぷりのイラスト共に描いた自伝エッセイだ。

大好きな母さん、
幼い少年に画才を見いだす父さん
ピアノが上手で真面目でやさしい姉さんのエセル
いつも遊び相手だった年の近い兄さんのシリル
家族同様に暮らしていた料理人のリジー
自慢の木馬、田舎の農園で過ごす夏の休暇、
きょうだいで上演するお芝居、
みんなで過ごすクリスマス

ヴィクトリア朝後期の英国、ロンドンで少年時代を送ったシェパードが、
70年前のあれこれを回想しながら、
家族やそのまわりをとりまく人々や、当時の街並みやできごとを、
120点あまりのユーモアあふれるイラストとともに語りあげた本は、
ページをめくるだけで思わず頬がゆるみ幸せな気分になれるお薦めの1冊だ。

けれどもその一方で読者は本の冒頭で、
この幸せな記憶の後、間もなくして、
最愛の母が病に倒れ早世してしまったことも知らされていて、
この家族にとってこれが、
最も幸せな時期だったのであろうことをも知っている。
それだけになおさら、せつなく愛おしくもあるのだった。