かもめもかも

かもめのつぶやきメモ

『詩人になりたいわたしX』

 

 ミラ、ムチャチャ(いい?お嬢さん)
マミがそう口にするときは
自分がなにかやらかしたことがすぐわかる。

いつものようにシオマラは口答えせずに黙り込む。

オイステ?(聞いてる?)とマミはたずねるけれど、
彼女の答えを待たずに席を立つ。

ときどきシオマラは思うのだ。
このうちで何をいっても聞いてもらえないのは、
ただひとり、自分だけだと。

15歳のシオマラはドミニカ出身のパピとマミと、
双子の兄とともにニューヨークのハーレムに暮らしている。
敬虔なキリスト教徒であるマミは、
とりわけシオマラのしつけに厳しく
歳頃の娘のあれこれに事細かに干渉してくる。
かつて女たらしで近所でも有名だったというパピは、
家庭のことにはあまり関心がないよう。
シオマラがツインと呼ぶ双子の兄は、
ばんばん飛び級をするほどに成績優秀で品行方正、
両親の自慢の息子ではあるが、
小さい頃から華奢な子で、
シオマラは自分のこぶしで守ってあげねばと思ってきた。
そう今までは。

発育が良く、周囲より一足先に女性の身体へと成長した彼女は
男の子たちの好奇の目にさらされ、
女の子たちからは目の敵にされ、
トラブルを避けるために、極力口数を減らすようになっていた。
そんな彼女が唯一、心の内をはき出すことができる場所は、
双子の兄からもらった1冊のノート。

シオマラはその思いの丈を詩にして綴っていたのだった。

母との確執、
はじめての恋、
兄の秘密、
ポエトリー部と仲間達との出会い
自分を表現することとは…

全篇詩で綴られた物語。

読んでいるうちに
胸のあたりがかあっと熱くなってきて、
だんだん視界がにじんでくる。
この本のこと、この本に書かれた詩のことを、
いますぐ誰かと話したいような、
高揚した心持ちでありながら、
この気持ちの高ぶりをどう伝えたらいいのかわからずとまどいもする。
たぶん、書くのがいいのだろう。
私もノートを取り出して。
詩人に憧れた10代の頃の気持ちを思い出しながら。

『妄想書評』

f:id:hatekamome:20210416070750j:plain

作家絲山秋子さんによる書評集。
ネットでの連載が打ち切りとなったエッセイを、
地元の印刷会社さんの協力を得てまとめた自費出版の小冊子なのだそうで
犬が本を読んでいる表紙イラストも絲山秋子さんご自身によるものなのだとか。
手ざわりも心地よい著者のサイン入りのお宝本。

早速、ページをめくってみると、
あれも、これもと気になる本が。

例えば、
ミラーナ・ケドロフスカヤの『薄明薄暮性動物の憂鬱』
近未来のカムチャッカ半島を舞台に
明け方と夕方の薄明るい時間帯と薄暗い時間帯に
活動が活発になる薄明薄暮性動物たちの姿を通して命の切なさを描く作品と聞けば、
これはもう読まずにはいられません!


あるいは『カント式純粋夏休み読書感想文批判』(戸袋収蔵著)
これもなかなか面白そう。是非読みたい!
読んでレビューを書いてみたい!


旅好きの私としてはチャンプル出版の『ほんとうに会える世界の村長』も
気になるところ!
市長でも町長でもなく村長!ってところがまた
田舎好きのツボを押しまくる。

という具合に、
またまた読みたい本のリストを伸ばしてしまった訳なのだが、
非常に残念なことながら、この本で紹介されている作品はすべて
絲山さんがつくりだした架空のもの。

妄想もここまで作り込むともう立派な作品だ。


    ****おまけ****

もちろん、作家のそれにはおよびはしないが、こういうのを読むと自分もやってみたくなるのはお約束。
というわけで、私もひとつ。

『先見の明か道楽か---ある書評サイトの挑戦』
  (サンペーリ著/とうこう・あい出版) 
ひと癖もふた癖もあるレビュアー達が集う書評サイト「本が好き!」の立ち上げから現在、そして未来への展望をサイト編集部を有する会社社長が語る興味深い1冊。
社長自らが執筆した イラスト付きレビューも必見。

『山の人魚と虚ろの王』

 

山の人魚と虚ろの王

山の人魚と虚ろの王

  • 作者:山尾悠子
  • 発売日: 2021/02/27
  • メディア: 単行本
 

 あたし、ひとと向き合って食べるのは慣れていないんです
いつもひとりで--食事室は個室で、机は窓に向いていましたから。いつも山を眺めていましたの
そんな言葉を口にしながら少し顔を赤らめる寄宿舎で育ったという年若い女性。
遠縁に当たるその女性と結婚した男の新婚旅行の思い出語りかと思いきや……。

列車は遅れに遅れ、初夜は男女が別々に案内される駅舎ホテルで過ごす羽目に。
そうかと思えばとうにの昔に亡くなったはずの伯母の告別式への参列を余儀なくされて…。

いやいやこの作品に関しては、(たとえそんなことができたとしても)あらすじを紹介することには何の意味もない。

読んで受けた印象について語ろうにも、「例えばここだが…」と再び読み返すと、以前読んだときとは全く違ったものが見えてくる。

美しい夢なのか、それとも悪夢なのかさえもわからずに、ただ物語の中を漂い続ける。
あるいはもしかすると、この本を読んでいるということ自体が夢なのかもしれないなどと頭の片隅で考えながら。

『猫のユーユー』

 

猫のユーユー~クプリーン短編選 (群像社ライブラリー)
 

 なんといってもこの装丁!
こんな瞳で見上げられたら、思わず手を伸ばしたくなるというものだ。

ところが、ふさふさした毛並みの猫に会いにいく気満々でページをめくると
いきなり登場するのは
一歳半になるポインター犬のジャックで、
お手伝いさんと一緒に市場に出かけたはいいが、
はぐれてしまったあげく、なんと誘拐されてしまうのだ。
  (「犬の幸せ」)

続いて登場するは、
サプサン三十六世と名乗るでかくて強くて、赤茶色した珍しい種類の猟犬だ。
  (「僕はサプサン」)

三作目の主役はがっちりとした体格の外飼いの犬バルボスと
繊細で臆病なほどお行儀の良い室内犬ジュリカの二匹。
少々意外な結末に胸が痛む。
  (「バルボスとジュリカ」)

四作目でようやく登場する猫のユーユーは
作家の愛猫がモデルだと言うだけあって
(ああ猫ってそうだよね!)という描写がいっぱい!
  (「猫のユーユー」)

他にも子ゾウが生きる気力を失って病に伏す女の子を見舞う話や
あのアントン・グリゴリエヴィチ・ルビンシテインの目に留まった
貧しいピアノ弾きの少年の話、
優しく賢いがとてもみにくい王女さまの話など
十三作品を収録した短篇集。

トルストイゴーリキーから高く評価され、
ロシア文学史上最も広く読まれた作家のひとりであるとされるクプリーンの
いまもロシアで読み継がれ子どもたちに愛されているという作品たち。

優しい気持ちに包まれて、心穏やかになれること請け合いで、
就寝前のひとときの読書にもお薦めだ。

『アンブレイカブル』

 

アンブレイカブル (角川書店単行本)

アンブレイカブル (角川書店単行本)

 

 ジョーカーゲーム』をはじめとするD機関シリーズが人気の作家だということは知っていたが、実を言うと著者の作品を読むのは初めてだった。

治安維持法を扱った作品だと聞いたので、興味本位でさわりだけでも…と、試しに手に取ってみたところ、小林多喜二が登場する最初の数行で捕まって、一気にラストまで。

蟹工船”で働いた経験のある労働者たちの元に、週末毎に通っては取材を続ける小林多喜二を描いた「雲雀」

陸軍時代に赤化事件で有罪実刑となり、刑期を終えた後も、反戦川柳作家として特高に監視され続ける川柳作家・鶴彬とはいかなる人物だったのかをさぐる「叛徒」

度重なる若き編集者たちの失踪の裏にあるものはなにか、推理小説好きの切れ者が事件の真相にせまる「虐殺」

稀代天才哲学者三木清を追い続けた「矜持」

4編の連作短編を結ぶのは、内務省警保局保安課を総元締め特別高等警察=“特高”のクロサキなる人物だ。

だがこのクロサキなる人物は、謎めいていてつかみ所がなく、どうやら特高治安維持法や戦時体制そのもののを体現しているようなのだ。

それでも最後の最後、「矜持」の中で、このクロサキ三木清と同郷であり、三木に対し並々ならぬ思い入れがあることが明かされる。
そうもちろん、非情な策士である彼だとて人間で、人の心もあったはずなのだ。

私はこの本から「いつか来た道を再び歩み出すことのないように」という作者の想いを読み取った。


これは蛇足かもしれないと思いつつ、気になった点をひとつあげておく。

たとえば、『蟹工船』を読んだことがない読者であっても、それが小林多喜二の代表作であることは知っているだろう。
川柳作家・鶴彬(つる・あきら)の存在やその作品を知らなくても(実際、私は全く知らなかったのだが)物語を読むには差し支えがないし、この本をきっかけに三木清の『人生論ノート』に手を伸ばす読者もいるかもしれない。

私自身は本を読むことで世界が少しずつ広がっていくこともまた、読書の楽しみの一つであると思ってもいるのだけれど、それは人それぞれでいいとも思っている。
けれども「虐殺」のことだけは、作品が非常に読み応えがあっただけに気になった。

この物語が描き出す、編集者や新聞記者が次々と検挙、拷問され、獄死者を出した事件が、実際にあったいわゆる「横浜事件」だとわかる読者はどれほどいるのだろうか。
読者の中には小説のベースになっている史実を知らない若い世代も多いと思うからこそ、文庫化される折には、解説などでそのあたりのわかりやすい補足があった方がいいように思われた。

『仮面の陰に あるいは女の力 』

 

 英国の名家コヴェントリー家にやってきたのは、
質素な黒い服に身を包んだ青白い顔をしたガヴァネス(家庭教師)。
ジーン・ミュアと名乗るその女性は、
19歳にしてはあまりにも苦労の跡がうかがえた。

迎えた一同の哀れみをかってはいても、
当の本人は凜としていて、
芯の強さと音楽の才を持ち合わせているようだった。

ミス・ミュアはたちまち
教え子となるコヴェントリー家の末娘ベラと
その母親の女主人に加え、
ベラの次兄エドワード(ネッド)の心をもつかむが、
長兄のジェラルドと彼の恋人らしいいとこのルシアは
懐疑的だった。

けれども単調で退屈だった家に
明るく楽しい憩いの時間が訪れるようになり、
そうした変化を目の当たりにしたジェラルドもやがて
ミス・ミュアに惹かれていくのだった。


若草物語』の作者ルイザ・メイ・オルコットが、
A. M. バーナードという男性作家の名前で執筆した
スリラーだと聞いて手に取ってみたのだが、
なにこれ、面白い!
面白すぎてやめられない!!
やめられない止まらないで一気読み!

“19世紀米国大衆<スリラー>小説”と銘打たれているけれど、
スリラーというより、ロマンティックサスペンスという感じ!?

しかも主人公の名前がジーン・ミュア、
そのミュアに熱を上げる若者の名前がネッドだというところからはじまって
シャーロット・ブロンテの『ジェイン・エア』の
オマージュにもなっているという!!

物語をたっぷり楽しんだ後は
なぜオルコットがなぜ、男性名義で、
こういった「扇情的な小説」を書いたのかという解説つき。

この1冊で、2度、3度と楽しめる本だった。

『ジェーン・エア (下巻)』

 

ジェーン・エア(下) (新潮文庫)

ジェーン・エア(下) (新潮文庫)

 

 ずは 前回の出題の答えから。
A=光文社古典新訳の小尾芙佐訳、B=新潮文庫の大久保康雄訳。
「かつて大久保訳を読んだ」という方も多いようだからこれは結構簡単だったかな?
次回はもっと難しい問題にしよう!(違っ

ちなみに私が今回選んだのは新潮・大久保訳。
決め手となったのは“古めかしさ”か。
会話は光文社・小尾訳の方がこなれているような気もするし、その一方で軽くなりすぎないように風景描写など言葉の選び方にも気を遣っていることがうかがえるが、なにせ作品自体が古典なので多少とも厳めしい文体の方がより雰囲気を味わえそうな気がしたのだ。

新潮文庫版は本文だけ数えても上巻で428ページ、下巻で414ページ。
おまけに私の読んだ旧版(昭和55年47刷)は、字が細かくところどころ印刷がかすれる図書館閉架棚本だ。
借りてきたときには(これで読み進められなかったら意を決してKindle版を購入しよう)と思ってはいたものの、(条件が悪くて読み進められないということは、中味に夢中になれないということでもあって、それを買うのもなんだよなあ…)などとも思っていた。

冒頭から120ページぐらいまでの主人公が『キャンディ・キャンディ』並にいじめ抜かれるシーンがなんともいえずしんどくて、挫折しそうになること数回。

(ちなみにこのいじめシーン以外にもそこここに“キャンディ”の影が?!って、もちろん、本来なら“キャンディ”の方に“ジェーン・エア”の影をみるべきなのだろうけれど)

寄宿学校と家庭教師先のあれこれには『あしながおじさん』テイストも登場だ!
(そういえば、『あしながおじさん』のジュディも確か『ジェーン・エア』を夢中になって読んでいたっけ!)

このあたりからだんだんと興に乗ってページをめくるスピードも速くなる。

成長したジェーン・エアの恋バナには、作者であるシャーロット・ブロンテが「情感が乏しい」と批判したというジェイン・オースティンの面影もちらほら。

他にも、ああこれはあの作品と、もしかしたらあの作品も?と、いろいろな繋がりが見えかくれするようで、そういう意味では非常に面白かったし、作中ににじみ出ている作者の宗教観や人生観もなかなか興味深かった。

がしかし、その一方でこういう読み方は“邪道”なのではないかと思ったりも。

とはいえ、もしもこの作品を中高生の頃に手にしていたら、最初の100ページで挫折していたかもしれないし、生意気盛りの若かりし日に読みレビューを書き留めていたとしたら「このジェンダー観は!」みたいな理屈っぽいことを書き散らかしたかもしれないなあ~という気も。

だいたいね。あのセント・ジョンなんかね。
典型的なモラハラ男じゃない?!……みたいな…ね。

そういう意味では、今が一番、読み時だったのかもしれないなあ~と思うことにしよう。そうしよう。

それにしても……
作者が作品に自分や身近な人々の人生を投影させるとか、自分の理想や憧れを描くというのは、昔からよくある手法なのだとは思うけれど、この作品に映し出されるシャーロット・ブロンテの想いは本当に痛々しい。

自分の半生をジェーン・エアに投影させて、苦難の末に“幸福”をつかませてはみたものの、彼女自身が本当にありたかった姿は、ダイアナやメアリーのような穏やかな人生だったのかもしれない。

              (2016年04月27日 本が好き!投稿