かもめもかも

かもめのつぶやきメモ

2020年11月の読書

11月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:3627
ナイス数:445

美術館って、おもしろい! : 展覧会のつくりかた、働く人たち、美術館の歴史、裏も表もすべてわかる本美術館って、おもしろい! : 展覧会のつくりかた、働く人たち、美術館の歴史、裏も表もすべてわかる本感想
チェコモラヴィア美術館が制作した大判絵本。美術館の歴史に始まって、美術館がはたす役割、そこで働く人びとのこと作品の入手方法や保管方法なども丁寧に紹介する。同時に 普段は見ることの出来ない美術館の裏側までもわかりやすく楽しい沢山のイラストとユーモア溢れる解説で案内してくれる。美術館も面白いがこの本も面白い!
読了日:11月30日 著者: 
ほんやく日和vol.2ほんやく日和vol.2感想
関西圏で活動する翻訳者が集まって結成された『同人倶楽部ほんやく日和』による同人誌の第二弾。前回同様、19世紀~20世紀にかけて活動していた女性作家の短編を集めた翻訳アンソロジーだが、前回よりもさらにいろんな意味でパワーアップしている感じ。読み逃せないあの作品この作品も!
読了日:11月29日 著者:同人倶楽部ほんやく日和
続戦争と一人の女続戦争と一人の女
読了日:11月27日 著者:坂口 安吾
戦争と一人の女戦争と一人の女
読了日:11月27日 著者:坂口 安吾
桜の木の見える場所 (児童単行本)桜の木の見える場所 (児童単行本)感想
進行性の病気のため視力を失いつつある少女マファルダの物語。秘密の日記に「とても大切だけど、いつかできなくなること」のリストを書き留め、一つ一つのことが出来なくなるたびに線を引いて消していくその過程がとても切ない。誰にも言えない苦しい胸の内を明かす相手は愛読書『木のぼり男爵』の登場人物コジモで、コジモのように桜の木の上に一人で暮らそうと決意するのだが…。周囲の支えを得た少女が、ありのままを受け入れ強くたくましくなっていく様子が胸をうつ。
読了日:11月27日 著者:パオラ ペレッティ
本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ感想
作っても、作っても、また作らないといけないのが、毎日のごはん……。しんどくなるときがあっても当たり前だよね。
読了日:11月25日 著者:コウケンテツ
この本を盗む者はこの本を盗む者は感想
ファンタジーにハードボイルド、スチームパンク……!?これもしかして、あのパロディ?などと勝手に想像するのも楽しい。新しい作品を読むたびにいつも思うけれど、深緑野分さんって、本当に沢山の物語を読んできた筋金入りの本好き!なんだろうなあ。
読了日:11月23日 著者:深緑 野分
わたしの幸せな結婚 二 (富士見L文庫)わたしの幸せな結婚 二 (富士見L文庫)感想
カドフェス制覇読書会に参加すべく読んだ1巻が面白かったので、続きも読みたい!と思っていたところ、書評サイト本が好き!を通じてのカドブンさんから頂いた。1巻に張られた美世の異能にまつわる伏線も回収されていて、読み心地もいい。これで大団円か!と思ったら、まだまだ続きもあるようで…。やっぱりこの先も追いかけてみるべきか。
読了日:11月23日 著者:顎木 あくみ
森の中に埋めた (創元推理文庫)森の中に埋めた (創元推理文庫)感想
ホーフハイム刑事警察署の2人の警部、オリヴァーとピアが活躍するドイツミステリシリーズ第8弾。今回はいつも以上に登場人物が多いだけでなく、40数年前の人びと記憶の中で子どもだったり、若者だったりしたあの人、この人の姿を 現在進行形で登場してくる人物と結びつける作業も必要なので、頭の中を整理するのもひと苦労。名前や特徴をメモした相関図を作りながら読みすすめる。綺麗に書こうと思っていても、最後にはぐちゃぐちゃに入り乱れてしまうのだが、そうまでしてでも読むほどにこのシリーズに入れ込んでいる。
読了日:11月20日 著者:ネレ・ノイハウス
しあわせなときの地図しあわせなときの地図感想
とても美しい絵本だ。戦争によって壊されてしまった街並みでさえも、とても寂しげではあるが凄惨な印象はあたえない。いつかもとどおりになった美しい町に、ソエと家族がそろって帰ってくることが出来ますように。そう願いながら本を閉じる。
読了日:11月18日 著者:フラン ヌニョ
秋 (新潮クレスト・ブックス)秋 (新潮クレスト・ブックス)感想
物語自体が一つのコラージュのよう。大きな事件が起きるわけでもなく、少なくても読者の目にはっきりと見える形でどこかに向かっているわけでもない。とても静かなのにちょっとやそっとでは忘れられそうにないインパクト。老人は少女に「いつでも何かを読んでいなくちゃ駄目だ」という。「読むというのは不断の行為だ」と。その言葉どおり彼女はいつも本を読んでいる。だが彼女が読んでいるのは決して本だけではない。もちろん彼女だけでなく彼も、そしておそらく私もあなたも、本を読みながら社会を時代を世界を読み続けているのだ。
読了日:11月16日 著者:アリ スミス
サークル・ゲームサークル・ゲーム感想
何だか妙に心がざわついて、詩の向こう側にありそうな物語について思わず思いをめぐらしてしまう。そんな詩集だった。
読了日:11月12日 著者:マーガレット・アトウッド
ぼくだけのぶちまけ日記 (STAMP BOOKS)ぼくだけのぶちまけ日記 (STAMP BOOKS)感想
原題は“The Reluctant Journal of Henry K. Larsen”主人公である13歳の少年ヘンリーが書いた日記、というスタイルのカナダの青春小説。いじめ、犯罪加害者家族、自死遺族が直面する問題……と、悲しみや苦しみややるせなさがいっぱい書かれていて、涙なしには読めない場面もあるが、それでも邦題タイトルにあるようなヘンリー少年のぶちまけ感がいい味を出していて、ユーモラスな場面に思わずにやりとしたり、わくわくさせられたりも。読み応えのある作品だった。
読了日:11月09日 著者:スーザン・ニールセン
ダフォディルの花:ケネス・モリス幻想小説集ダフォディルの花:ケネス・モリス幻想小説集感想
是非読みたいと思っていた本を、書評サイト本が好き!を通じていただき、美しく幻想的な風景に魅せられながら旅をし、文字が奏でる音楽に耳を傾ける至福のときをすごした。
読了日:11月05日 著者:ケネス・モリス
食べることと出すこと (シリーズ ケアをひらく)食べることと出すこと (シリーズ ケアをひらく)感想
潰瘍性大腸炎を患った著者自身の体験をもとに書かれている本だと聞いていたから、難病への理解を促すような闘病記なのだろうと思っていた。読んでみると確かにそういう側面はあるものの、それに止まらず「食べること」と「出すこと」というとても個人的なことが、他者や社会とどうつながっているかなど、いろいろと考えさせられる本だった。要所要所で紹介される古今東西様々な文学作品からの引用文も読み応えがあり、文学案内の側面も。ユーモアとある種の軽さを備えながらも、真面目で深い洞察力に満ちた読みやすく読み応えのある1冊だった。
読了日:11月02日 著者:頭木 弘樹

読書メーター

ほんやく日和vol.2

f:id:hatekamome:20201129142738j:plain

関西圏で活動する翻訳者が集まって結成された『同人倶楽部 ほんやく日和』による同人誌の第二弾。

前回同様、19世紀~20世紀にかけて活動していた女性作家の短編を集めた翻訳アンソロジーだ。

 

巻頭を飾るのは、vol.1ですっかりお馴染みになった感のある、イーディス・ブラウン・カークウッド文&M・T・ロス絵の『動物の子ども図鑑 その2』、前回同様翻訳はやまもとみきさんだ。

今回も、楽しくかわいく、ときどきどきっとするどい。

 

つづいて登場するのはなんと、あのフランセス・ホジソン・バーネットの『わたしのコマドリ』!小谷祐子さんが翻訳されたこのエッセイ、『秘密の花園』の裏話とも言えるエピソードが紹介されているのだが、これがすごい!すごくいい!!なんちゃってバードウオッテャー(?)の私にとっては感涙もので、『秘密の花園』を再読しなくては!という気持ちにも。

 

岡本明子さんが手がけるのは前回に引き続き、ルーシー・モード・モンゴメリーで、『アイランド・ロックでの冒険』と『ダベンポートさんの幽霊話』の2作品。

お気に入りは『アイランド・ロック…』。やっぱり犬と少年はてっぱんだよね。

ラディーもアーネストもなんて賢いんだ!

 

井上舞さんの翻訳は『暗闇』は、やっぱりイーディス・ネズビット

安心安定&期待通りのゾワゾワ感で、読み応えもたっぷり。

でもまさか、あそこに………!!!

イーディス・ネズビット、商業ベースでもいけるのではなかろうか??

 

朝賀雅子さんはアンナ・キャサリン・グリーンの2作。

『黒い十字架』にうわーそういう話だったのか!と青ざめ、『不可解な症例』にホームズの『まだら紐』を連想するなど、どちらもなかなかの読み応え。

 

トリはまえだようこさんで、メアリ・ラーナーの『小さなわたしたち』。

いよいよ人生に別れを告げようとしている老女の物語に、思わず胸を詰まらせながらも、読み終えた後、なんだかとても穏やかで優しい気持ちになることができる作品だ。

 

総じて、vol.1 よりもいろんな意味でパワーアップしている感じ。

次が出たらまた必ず読もう!

 

『桜の木の見える場所』

 

桜の木の見える場所 (児童単行本)

桜の木の見える場所 (児童単行本)

 

 

 子どもはだれだって暗やみがこわい。
 暗やみは、ドアも窓もない部屋みたいなもの。子どもをつかまえて食べてしまう怪物がひそんでいる。
 でも、わたしがこわいのは、目のなかにある暗やみだ。

こんな書き出しで始まる物語は、9歳のマファルダという名の女の子が語る物語だ。

マファルダの目は、めがねをかけていないと、まわりじゅうに霧がかかったようになる。
病院の先生によると「スターガルト病」というのだそうだ。
およそ一万人に一人がかかるというこの病気になると、目にうつる物や人がちょっとずつ暗い影におおわれて、その影がだんだん大きくなる。
影が大きくなればなるほど、物に近づかないと見えなくなる。

マファルダの場合、去年までは5歩離れたところからでも見えたはずの鏡のなかの自分が、3歩の距離まで近づかないと見えなくなっている。
病気の進行は早く、そう遠くない時期に、暗やみの中で暮らすことになるらしい。
マファルダが不安になるのも無理はなかった。

そんなマファルダにできなくなることがあるのなら、いまのうちに大切なことのリストを作ってみたら?ととすすめてくれたのは、学校の用務員エステッラだった。

それでマファルダは秘密の日記に、「とても大切だけど、いつかできなくなること」のリストを書き留めたのだ。
エステッラの話は時々マファルダにはちょっと難しくて、リストのもつ意味は少し違っているかもしれなかったが、それもマファルダはそのリストを大切にしていて、箇条書きにした一つ一つのことが、出来なくなるたびに線を引いて消していくのだった。

ねえ、コジモ。お願いだから、手を貸して。
マファルダが心の中で、誰にも言えない苦しい胸の内を明かす相手は愛読書『木のぼり男爵』の登場人物コジモだった。

そんな彼女は思い出が沢山詰まり、なにがどこにあるかもはっきりわかる家から、両親が彼女の為にと選んだ学校に近く階段のない新しい家への引っ越しを拒み、コジモのように桜の木の上に一人で暮らそうと決意するのだが……。

両親と愛猫のオッティモ・チュルカレとエステッラ、そして新たに友となるフィリッポの支えを得て、マファルダが、ありのままを受け入れ、強くたくましくなっていく様子が胸をうつ。

訳者あとがきを含めて、すべてのページをめくり終えたとき、少女が「とても大切なことリスト」に記した大きな夢を実現させたことを知って涙がこぼれた。

『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』

 

 レビューを書くとき、私は大抵、
キッチンの端に置いてあるデスクトップに向かっている。
そうしてそんなときは並行して
コンロに鍋をかけてなにかを煮ていたり、
オーブンでなにかを焼いていたりしていることが多い。

料理は嫌いではない。
どちらかというと「好き」な方だと思う。
でもたぶん、1年365日、日に3食のことを考えず、
好きなときに好きな物を作っていいのだとしたら
もっとずっと好きになっていたと思う。

たとえば、仕事でいっぱいいっぱいのとき、
「晩ご飯なに?」と訊かれてぶち切れそうになることがある。

ごはんの時間が遅くなると「まだ?」
品数が少ないと「これだけ?」と悪気ない顔で言われ、
時間をかけて作っても、品数を増やしても、
家族は無言で黙々と食べるだけ。
あっという間に食べ終えて
食後はソファーに座ってテレビやネットに熱中し始め……。

「作る人」にしろ「食べる人」にしろ
そんな場面に、心当たりがある人は多いのではなかろうか。


我が家の場合、
少人数だからまだなんとかやっていけているが
大所帯となる盆暮れともなれば、
朝ご飯の片付けを終えたらもう昼ご飯の準備で
ようやく片付け終わったらまた夕ご飯で
おさんどんで日が暮れる。


我ながらよくやっていると思うのに
気がつくと
「なんだか今日は茶色いご飯になっちゃった」
「一品料理でごめん。でも食材はいろいろ入っているから」などと、
誰にいうでもない言い訳を食卓に向かって呟いていたりすることもある。

そんな私が
タイトルにハートを射貫かれて手にしたこの本は
料理研究家コウケンテツさんのエッセイ集だ。

仕事として、家事として、趣味として、
長きにわたって料理と向き合ってきた著者が、
毎日「おうちごはん」を作っている人の気持ちを少しでも軽くしたい、
気持ちに寄り添いたい、作る人が元気になるような本を作りたい、
という気持ちから生まれた本だという。

そうしたコンセプトにしたがって
巻末には料理の「手間」を排除する実用レシピも収録されている。

主な読者層として想定されているのは
三人の子育て真っ最中という著者と同年代のママやパパで、
具体的なエピソードを交えながら、
「大丈夫、そんなに気に病まなくても、あなたは十分がんばっているよ」
「もっと肩の力を抜いて良いんだよ」と語りかけてくれるような本だ。

私は子育て世代ではないけれど

“料理に限らず、家事は「やっても褒められないけれど、
やらないと文句を言われる」理不尽な作業”だ。

“毎日のごはんを作るのは終わりなき戦いのようなもの”
“作っても、作っても、作らないといけない”

といった分析をはじめ、
そうそう、そうなの!そうなのよ!!と、
共感できる部分も多かった。

こういった本は、
ご飯を作る人だけでなく、
専ら食べる役まわりの家族を含めて、
みんなで回し読みするのがいいと思うが、
なかなかそううまくもいかないだろう。

そんな時にはぜひ、この本を
読みかけてつい置き忘れた風を装い
タイトルが見えように
家族の目につく場所に置いてみて欲しい。
もしかすると今夜は
家族の誰かが、
嬉しい言葉のひとつふたつかけてくれるかも。
あるいは夕飯の後片付けをかって出てくれるかもしれない。

『秋』

 

秋 (新潮クレスト・ブックス)

秋 (新潮クレスト・ブックス)

  • 作者:スミス,アリ
  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 そういう意味じゃない、と母が言う。あたしはもう、ニュースに疲れた。大したこともない出来事を派手に伝えるニュースに疲れた。本当に恐ろしいとをすごく単純に伝えるニュースにも疲れた。皮肉な言葉にも疲れた。怒りにも疲れた。意地悪な人にも疲れた。自分勝手な人たちにも疲れた。それを止めるために何もしないあたしたちにもうんざり。むしろそれを促しているあたしたちにもうんざり。今ある暴力にも、もうすぐやって来る暴力にも、まだ起きていない暴力にもうんざり。嘘つきにもうんざり。嘘をついて偉くなった人にもうんざり。そんな嘘つきのせいでこんな世の中になったことにもうんざり。彼らが馬鹿だったからこんなことになったのか、それともわざとこんな世の中を作ったのか、どっちなんだろうと考えることにもうんざり。嘘をつく政府にもうんざり。もう嘘をつかれてもどうでもよくなっている国民にもうんざり。その恐ろしさを日々突きつけられることにもうんざり。敵意にもうんざり。臆病風を吹かす人にもうんざり。
 臆病風には吹かれるんだと思うけど、とエリザベスが言う。
 正しい言葉遣いにこだわることにもうんざり、と母が言う。


たとえば、物語の中のワンシーン、1頁にも満たないその場面に釘付けになって、そこだけで何度も何度も繰り返し読む。
そんな読み方がしたくなるような本。


舞台はEU離脱問題で揺れる2016年のイギリス。
32歳のエリサベスは、療養施設で眠り続けるダニエルの元に通い、本を読み聞かせている。
ダニエルは101歳、かつて…そう、あれはエリザベスが8歳の時のことだ、二人は隣人同士として知り合った。
エリザベスは、学校の宿題で隣人について作文を書かなければならなかったのだ。
もっとも彼女はその作文を、ダニエルとひと言も言葉を交わすことなく書き上げたのではあったのだけれど……。

物語は、エリザベスの記憶に、エリザベス自身はとうに忘れてしまった出来事が加えられ、さらにエリザベスの母や、ダニエルや周囲の人びとの織りなす大小様々な断片が、幾層にも重ねられて語りあげられていて、ところどころかなり厚みをおびてくっきりと、また別の箇所はぼんやりとした記憶のかけらでうっすらと引かれた線によって構成されている。
それはまるで、ダニエルが11歳のエリザベスに語って聞かせた、質感の異なる様々な素材と様々な色合いが生み出すポーリーン・ボディのコラージュのよう。

大きな事件が起きるわけでもなく、少なくても読者の目にはっきりと見える形で、どこかに向かっているわけでもない。

それでも、読み終えてみれば、そのコラージュは、間違いなく一つの物語を形作っていて、その物語ときたら、とても静かなのに、ちょっとやそっとでは忘れられそうにないインパクトをもっているのだ。

ダニエルは11歳のエリサベスに、「いつでも何かを読んでいなくちゃ駄目だ」という。「読むというのは不断の行為だ」と。
その言葉どおり、エリサベスはいつも本を読んでいる。
だが、彼女が読んでいるのは決して本だけではない。
もちろんエリザベスだけでなく、ダニエルも、そしておそらく私もあなたも、本を読みながら、社会を、時代を、世界を読み続けているのだと、そんな風に思える1冊だ。

『サークル・ゲーム』

 

サークル・ゲーム

サークル・ゲーム

 

 マーガレット・アトウッド
現代カナダ文学を代表する作家で
日本でも『侍女の物語』をはじめ
人気も評価も高い作家であることは知っていたが
実をいうとこれまで彼女の作品を読んだことがなかった。

この本は、彼女のデビュー作で、本邦初訳の詩集だ。

読んだことがないので、きいただけの知識だが
彼女の作風は、フェミニズム、環境問題等が取り上げられているらしい。
とはいえ、この本に収められた詩からは
明確なメッセージは浮かび上がってこない。

なにかが起こったか
なにかが起こりそうな
不穏な空気に包まれた28篇の詩。


たとえば
「これはわたしの写真」では
しばらく前に撮られたという写真に
小さな木造の家と裏手にある湖らしいことがうたわれたあと

この写真が撮られたのは、次の日です
わたしが溺れ死んだ日の。


と続く。

あるいは「食事」という詩は

わたしたちは清潔な食卓に着き
清らかなお皿から思考を食べている


そんな書き出しで始まるのに
最後の一節はこんなふうだ。

うっかりこぼれた
すこしばかりの愛の屑を
貪り喰って



何だか妙に心がざわついて
詩の向こう側にありそうな物語について
思わず思いをめぐらしてしまう。
そんな詩集だった。

ぼくだけのぶちまけ日記

 

ぼくだけのぶちまけ日記 (STAMP BOOKS)

ぼくだけのぶちまけ日記 (STAMP BOOKS)

 

 原題は“The Reluctant Journal of Henry K. Larsen”
カナダのYA作家スーザン・ニールセンさんの2012年の作品で、翻訳を担当したのはやまねこ翻訳クラブの長友恵子さんだ。
はじめての海外文学vol.6児童書部門のエントリー作品でもる。

主人公である13歳の少年ヘンリーが書いた日記、というスタイルの青春小説なのだが、作者がコロンバイン高校銃乱射事件に着想を得て書いたというだけあって、テーマは決して軽くない。

セラピーの一環として勧められたヘンリーがいやいやながら書き始めた日記には、突然の事件で兄ジェシーを失い、崩壊寸前の家族の中で悲しみと憤りを抱えた彼の苦しい心の内がつづられていく。

いじめ、犯罪加害者家族、自死遺族が直面する問題……と、悲しみや苦しみややるせなさがいっぱい書かれていて、涙なしには読めない場面もあるが、それでも邦題タイトルにあるようなヘンリー少年のぶちまけ感がいい味を出していて、ユーモラスな場面に思わずにやりとしたり、わくわくさせられたりもする。

最初はうっとうしいばかりだと思っていた学友やセラピストやご近所の人たちの存在に、救われ支えられて強くなっていくヘンリー少年の姿を前に、「そうだよ。ヘンリー、君は笑っていいんだよ。もちろん楽しんでいいんだよ。」と思わず応援したくもなる。

同時に読みながら何度も思い浮かべたのはあなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。というヨハネ福音書の1節。
報道をうけて、犯罪加害者や被疑者だけでなく、その家族に対してまでも、自分にも鉄槌を下す権利があるといわんばかりの言動や行動をとる人たちが増えている気がする今の世の中に一石を投じているようにも感じられた。

忘れるなんてできない。でも抱えて生きていく方法を学ぶことはできる。
意外な人物の意外な言葉に打ちのめされると同時に励まされたヘンリーと共に、彼の周りの人びとも、そして読者もまた、前を向いて歩き出す。

中国人、スリランカ人といったアジア系の登場人物の描写がやや類型的な点が少し気になりはしたが、若い世代の読者だけに読ませておくにはもったいない、読み応えのある作品だった。